アフィリエイト初心者が有料ブログを開設する際のサーバの選び方

この記事は約 12 分で読めます。  

saipan108

 

有料の(レンタル)サーバを契約してブログ開設しようとする場合、

果たして、数あるサーバーの中からどこを選べばよいのか?

 

いろいろ探し始めると、本当にたくさんのサーバーが出てきてしまい

正直見れば見るほど悩んでしまう事でしょう(^^;

 

まずは少しレンタルサーバをご紹介

 

幾つかレンタルサーバー会社を挙げておきますと

 

当サイトが利用していた さくらのレンタルサーバ

当サイトで利用している エックスサーバ

 

その他には

 

 ロリポップレンタルサーバ

 ヘテムルレンタルサーバー

 カラーミーショップ

 NTTPCのレンタルサーバー

 100GB無制限レンタルサーバー【X2】

 

そして、ワードプレスに特化したエックスサーバの特殊バージョン

 

 WordPressに特化したクラウドサービス『wpXクラウド』

 

などなどいろいろな会社で、

更に様々な種類商品取り揃えていますので、

 

調べれは調べるだけ、良いな思われるものが増えてしまい(;_;)

とても収拾がつかなくなってしまう事間違いなし!です。

 

なので、ここはやみくもにいろいろ見て回るよりも

ポイントを絞ってそこだけ見比べた方が得策です。

 

アフィリエイトに必要な比較ポイント~一番重要なのは

 

まあ、一番大事項目は当然金額?

・・・いや、実はそうではなく、まずは現段階では王道選択

 

ワードプレス(WordPress)というプログラム利用できるのか?

という事が実は一番大切条件なのです。

 

この ワードプレス とはいったい何者?

と、ご存じない方へは こちら でご説明しております

 

ここではネットで稼ぐと言えば世界中ネットビジネスマン

これだ!と利用している、いわば世界標準プログラムなのです。

と、だけお伝えします

 

えっ?!なんで?と、思っても長くなるので こでは解説しません(^^;

アフィリエイトを行う者にとってワードプレスとはどういうものか?

をご覧くださいね♪

 

そして、その次価格となるのが順当でしょう。

・・・ただ・・・

 

サーバーの容量は比較する必要があるのか?

 

ちなみに各社比較対象としてあげている

サーバーの容量ですが果たして比較必要あるのか?

 

実は答えは、ノー!です。

なぜか?!

 

それは、今やどのサーバでも、ブログ運営必要な容量

大抵クリアして(特にワードプレス対応間違いなく)おり、

 

容量最低ライン決めておけば良いと考えます。

では、最低ラインとはどのくらいか?

 

一番容量のとるメディアは例の場所に

 

まず、容量一番影響与えるであろうメディア

動画ですよね?!

 

でも、動画自分のサイトアップロードするより

YouTubeアップロードしてそのリンクを入れた方が

 

管理もしやすいし、YouTubeアドセンス

収益化も図れちゃう(稼げる(^.^))ので

 

一石二鳥!!

 

そうなると、そんなにたくさん容量必要ないことは

理解できますよね?

 

サーバ容量の必要最低ライン

 

であれは具体的にはどれくらいあれば良いのか?

 

参考までに、私のこのサイト画像数300枚程度

インストールしたテーマプラグイン30くらい、

 

そのくらいのサイトで500MB足らずです。

 

記事数は・・・はっきり言って文字はほとんど容量

食わないので考える必要ありません

 

例え1万文字入れても数10KB程度でしょう。

なので画像を仮に1枚500KBとして

 

(あまり大きいとホームページを表示させる時に

時間かかってしまうのでお勧めしません

 

1万枚で500MBです。

 

そうなると、サイト構成必要容量は大きく見積もっても

10GB程度あれば十分だと思うのです。

 

なので、数GBだとちょっと心配ですが、

10GB以上であれば問題はないでしょう

 

実はなかなか比較しにくいサーバの処理能力

 

その代わり問題としたいのがサーバーの能力です。

このサーバー能力は、編集面表示面で関わります。

 

つまり、記事を作成している時に画像をアップしたり

記事途中挿入したり、必要プラグインが動くのか?

この部分が編集面でのスピード能力)で、

 

公開した記事ページ訪問者パソコン画面

表示させるという部分が表示面でのスピード能力)です。

 

実はこの能力(スピード)は、価格大きな影響を与えます。

それは、貴方がご自分のパソコン購入しよう比較する時に

 

CPUスペック違い価格帯に大きな差があった事を

覚えていれば簡単想像ができますよね?

 

そう、サーバ運営する側でもそれは同じことなのです。

 

なので、それを考えると、価格に比例して

ほぼ能力スピード)も変化することは想像がつくと思います。

 

あとは、その他サービスをどう付けるかで

各社が競争しているわけです。

 

という事は・・・?

 

という事になるので結論は、まず価格を決めること!

です。

 

あとは、ワードプレス対応か?容量が50GB以上あるか?

を確認し、契約内容目をとおして問題なければOK

 

と考えれば簡単ですよね?

ちなみに当サイト推すのは、使用している(た)サーバです(^^;

 

さくらのレンタルサーバの特徴

 

当サイトが利用していた さくらのレンタルサーバ は、

 

スタンダードプランから WordPress 対応で容量は100GB

金額月額515円ランチ1回価格お手ごろです(^^)

 

スピード(能力)ですが、

特にトレンドアフィリエイトをやっていて

 

アクセスかなり集中するようなことが無ければ

表示できないというような無いようです。

 

ちなみに一日数万アクセス以上あった方が、

ページが表示されないとの理由エックスサーバー

 

乗り換えたとのブログ記事を見つけましたが、

ブログ・メルマガアフィリエイトブログのアクセス

 

数万アクセスになるということは、

かなり稼いでいるレベルということになるので、

 

もしそんな(嬉しい)事になったら、

その時に喜んでサーバー移転をすれば良いでしょう????

 

エックスサーバの特徴

 

次に現在当サイトで利用している エックスサーバ ですが、

もちろんワードプレス対応です!

 

価格と容量は(1年契約だと)さくらのレンタルサーバ約2倍ですが

このエックスサーバは、高速が売りで、

 

最新の16コアCPUと大容量96GBメモリを搭載し、

能力(スピード)にはかなりの定評があります。

 

そして、なら(4月15日18時まで初期費用半額!

もちろん、お試し期間10日間ありますので安心です。



エックスサーバの特化バージョン

 

そして、このプラン当サイトでは利用経験が無いのですが(^^;

ワードプレスのみ利用前提でシステムを特化更なる速度アップを図った

 

エックスサーバのワードプレス利用限定バージョン

ご紹介しておきます。

 

ワードプレス以外利用しないという方は

この特化高速プランサクサク動いて良いと思います。


 

さくらのレンタルサーバとエックスサーバの比較

 

ところで、 さくらのレンタルサーバ と エックスサーバ の違いですが、

・・・詳しくは、またの機会にしますが、ちょっとだけお伝えします。

 

価格容量、そして速度は先に述べたとおりですが、

 

メールアドレス作成に関してさくらの方はアドレス設定ひと手間必要です。

ですが、ウェブメール取り扱いは、さくらの方使いやすいと思います。

 

そして、ファイルマネージャー使い勝手

新機能備えたさくらの方が使いやすいと思います。

 

 

ただ、独自システムメルマガ配信システム導入する場合は

さくらではアフィリエイト目的でのメールマガ配信は禁止

 

となっていますので、アフィリエイト目的メルマガ配信

別のメルマガ配信スタンド(例えば アスメル など)を利用するか

 

エックスサーバで契約しましょう。

ちなみに、単純にメルマガを随時配信するだけなら、

エックスサーバ のメールマガジン機能で出来ちゃいます(^^♪

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

title5

tema2


acces-up
tema1-2
tema3
tema4-2
tema5

プロフィール

はじめまして、オフィスFUJIと申します。 profile
現在50代でバス通勤の合間に
アフィリエイトを実践中の
サラリーマンであり、
頑張るイクメンパパでもあります
(現在は育児休業中でーす♪)
ここは、実践中の参考になる
情報配信基地として
整備していきますので
ご訪問よろしくお願いしますm(._.)m

メルマガ読者募集中!!

4SgsGsRzUFpoSPy1451660235_1451660535
アフィリエイトを始めるための手法
お役立ち商材など初心者のため
選りすぐり情報をお届けします
これからアフィリエイトを始めたい!
稼いで自由を手に入れたい!
という方のための、
得々情報満載メルマガです。
ブログを読んでみて
役に立ちそうだなぁ、ふむふむ
と興味を持たれた方は是非ご登録を

My 3D WP Tag Cloud

スポンサードリンク

▲トップへ戻る