変容についていくだけでなく変化する意識が重要です

aea0e72c756cadf91ce27e7395cfc3d6_s

突然ですが、貴方は今

自分が行っている仕事のやり方

満足していますか?

 
続きを読む »

加齢による集中力の低下とそのカバー方法について考える


ef58261d428bdd688d28d40d80e7a635_s


持ち時間の少ない環境で、アフィリエイトを続けるには

優先順位をつけるという事と、集中力が鍵になります。


ちまたで良く耳にする、

『年をとったら集中できなくなった』

という言葉。


自分が子供の頃から、大人が話しているのを聞いて

やりたくないものだから、年のせいにしているんだな。


と、ずーっと思っていました。


加齢による集中力の低下は本当だった!


と、ところが!

現在、当年とって50の私の身に、

その数年前から前兆はあったのですが、

何と本当に集中力が衰えてきたではありませんか!

(まあ、もともと良い方ではありませんが(^^;)


で、しかもそれと平行して、

今年になって気づいたことがあります!


それは、無意識のうちに

『頭の中に音楽が流れている』

という事です。


まあ一般的にいう『リフレイン』ですね。

♪~♪~♪~

と、気がつくと頭の中で鳴っていて

しかも、口ずさむならず、思いずさむ??

頭の中で歌っちゃっているのです。


このままではいけない!


無意識のうちに音楽が鳴り始まっていて、

思いずさんで(?)いて、んっ( -_・)?

と、突然我に帰る訳です。


それで、(大抵は仕事中の出来事なので)

入力等の誤りなどしたら大変なので、

慌てて頭の中の音楽を強制終了するわけです!


が、やはり、仕事が嫌いだから仕方ないのか

少しするとまた・・・歌っちゃってるのです(*_*)


げっ!まただっ!

最近は子供の影響をもろに受けて、

ずーっと、アンパンマンのテーマが流れていたりします(^^;


落ちた集中力を補う方法を模索


と、日々そんな感じで過ごしていたのですが、

いつまでもそんな毎日では、仕事は良いものの(^^;

アフィリエイトが思うように進まない!

と、何とか解決する方法を模索し始めました。


まずは、気を取りなおして頭のなかを静かにして、

耳を澄ますと・・・キーーーーんっ?

そういえば、このキーんという音は一体何?


ちょっとググって調べてみると、

全ての人がキーンというのではなく、中には

うぉ~ん、と響いている人もいるようです。


このキーンですが、若かりし頃と比較すると

何となく大きくなったような気がするのですが・・・


で、このキーンという音をちゃんと聞こうとすると

不思議なことに次第に大きくなっていくんですよね。


んっ!?

これはっ!

と、しばらくキーンという音に耳を済ませて(?)いると

それまでリフレインしていた音楽がすっかり消え去り、

しかも、ただキーンという音だけなので、

思考することに影響は無いんですよね♪


なので、アンパンマンのテーマが始まったら(^^;

キーンに集中してリセットすることを覚えていれば

リフレインが止まるだけでなく集中力も復活!


あとは、『キーン』を思い出せるかが鍵です(^^;


目標設定の重要性


ただ、出来ればリフレイン自体が始まらないのが理想というもの。

考えてみると、好きなことに没頭していると

そんな音楽なんか回らないんですよね。


なので、作業そのものを好きになる、

又は、楽しく作業が出来るようになると

集中力が増すわけです。


でも、そんなに簡単に好きになるなんて

出来る筈無いですよね?

で、また考えるわけです( ´~`)


たぶん、成功者は作業が楽しいに違いない!

作業 = 結果が見えていますからね♪

よしっ!じゃあ成功したイメージを持って

取り組んでみよう!


何を、そんなこと!?

と、思った貴方は

成功までの道程は長いかもしれません。


やはり、物事を成功に導くには、

緻密さも大事ですが、

ある程度の楽天的要素も必要なのです。


なので、成功したい!続けたい!

でも~、あれやこれや・・・とお思いの貴方!

今日これからは、肩の力をまず抜いて、

自分が成功したイメージを膨らませるようにしましょう♪


そう!成功した楽しいイメージo(^o^)o

それが出来れば、成功へ一歩前進です♪


一定期間毎に再確認する


更に、そのイメージを持続するための工夫をひとつ。


人間は、とかく同じことに対しては

意識が薄くなってしまうもの。

(つまりは飽きる、忘れる)


なので、定期的に成功のイメージを

モデルチェンジしましょう♪


例えば、前回は、

『高級料理を思う存分食べている』

だったのが

『ファーストクラスで世界一周』

など。


あっ、でもそれに思いを馳せていては駄目ですよ!

あくまで集中力の為だけですから。

肝心の作業を怠ってしまわないように

注意しながら、ですよ♪


今日はここまでです♪


本日も最後までお読みくださりありがとうございましたm(._.)m



価値観とゆとりの相関関係そしてアフィリエイトへの影響を考える

077480

ゆとり教育


かつて、ゆとり教育といって、文部科学省が提唱し

勉強時間や学習内容まで少なく(薄く)してしまった

時代がありました。


その結果、生徒の学力は低下し(たと言われています)、

たものの、その後、徐々に改められていくことにより、

学力も徐々に回復しているとのこと。


一体、その影響をもろに受けてしまった生徒の将来に

対する責任は誰がとるというのか?!

という話はさておき、

ゆとりについて少し考えてみました。


本当のゆとりとは何か?


そもそも、日本の詰め込み学習がいけないという考えは

あっているのではないかと思うのです。


というのは、欧米などの優秀な人材排出の基礎には

ゆとりというものが存在するのではないかと思うからです。


では、ゆとりとは何か?ですが、


まず、『ゆとり』という単語にあう単語として

しっくりくるのが『心の』ではないかと私は思います。


そう、『心のゆとり』です。


つまり、具体的な時間や物理的な物の、ではなくて、

人それぞれが持っている心が動く幅とでも言いましょうか。


この幅が広いほど、新しい発想を産み出す力が大きくなり

その結果、様々な能力が発揮できることになると思うのです。


そうなると、この幅は、人によって違ってくるわけで、

杓子定規に、こうすれば必ず心にゆとりが生まれる、

などというものは存在しないのではないのでしょうか?


つまりは、ゆとりを感じる尺度には個人差があると思うのです。


ものごとに対する価値観


個人差といえば、ものごとに対する価値観も個人差があります。


例えば、Aさんは千円のランチは高いと感じ、

Bさんは逆に安いと感じる。


また、Aさんは海外旅行が大好きであるが、

Bさんは外に出るのが嫌いで家でテレビを見ていたい。


まあ、価値観の同じような人を探すのは

かなり難しいですよね。


価値観の変化が心のゆとりに与える影響


さて、その価値観は、常に同じではないですよね?


様々な人生経験を積んでいく事で、

ものごとに対する価値観も徐々に変化していきます。

まあ、変わらない方もなかにはいらっしゃいますが(^^;


大抵の場合は、経験を積むことによって、

少しずつ心にゆとりが生まれ、

そのゆとりから、ものごとに対する価値観も

徐々に変化していくと思うのです。


例えば、太っている人はルーズだから嫌い!

と勝手に思い込んでいる方がいたとしましょう。

なので、同じ職場のAさんを、ただ太っている

というだけでとても嫌いだったとします。


その方がある時に海外旅行をすることになり、

その旅先で、Aさんの2倍以上太ったBさんと

お付き合いすることになってしまいました。


でもそのBさん、とても気が利く人で、他人の世話まで

丁寧にやってくれ、旅行中ずーっと

お世話になりっぱなしだった。


その結果、太った人はルーズ、という概念がとれ

(価値観の変化)

Aさんはおろか、他の太った方とも交流するようになった。

(人との付き合いに対するゆとりが生まれた)


つまりは、価値観を意識して(少しでも)変えられれば

ゆとりが生まれるのではないかと思うのです。


アフィリエイトと何が関係あるのか?


さて、アフィリエイトを行うにあたり、

重要なのはライティング技術だと思うのです。


そのライティングは、現実的な話をすれば

人それぞれが工夫をしていくしかないと思うのです。


仮に、文章はこういうスタイルで書きなさい!

と言われても、なかなか思うようには書けませんし、

そもそも同じような文章が出回ったのでは

味がないので面白味が薄くなってしまいます。


なので、これは『書く』という事を積み重ねて

(経験を積み重ねて)

文章に対する価値観を変えることで、

書く幅(ゆとり)を広げることができるようになり、

そうする事で、良いライティングができる

ようになるのではないかと思います。


という事は・・・・?


とにかく書く。

しかも様々な題材を探しながら書く事で、

幅広い知識とライティング技術を磨くことができる。


まあ、そんなオチでした(^-^;


本日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(._.)m



アフィリエイトで稼ぐために最も重要な事はこれです!

tikara

 

継続は力なり

 

アフィリエイト稼ぐために必要要件のひとつに

毎日コツコツ続けるという事があります。

 

まあ、何事においても継続必要なんてことは

百も承知!!そんな事当たり前だろう!!

 

思う方もいれば、

 

そんな毎日やっている時間なんか取れるわけない

忙し過ぎて嫌だから他の道探しているんだ!!

 

そうおっしゃる方も多いと思います。

まあ正直、書いている私もその一人なのですが(^^;

 

ひとつの意見として、

毎日継続出来なくても、週に一度まとまった時間を作って

そこでパッパッやればいいんじゃないの?

 

もしかするとその方が効率的なんじゃないの

という方もいるかもしれません。

 

まあ現実問題としては、それもありだとは思いますが、

毎日コツコツ勧めるのにはそれなりの理由があります。

 

それは、意識の継続という大事要素です。

つまり、

 

「継続は力なり」

 

まあ、誰も知っている言葉ですが、

現実に意識して行動できている方は少ないのではないでしょうか?

 

この継続するというアフィリエイトにおいても同じですが、

ただ、に考えると、

 

継続しないと力にはならない

 

という事に直結してしまいます。

 

そもそもこの言葉は、昔から使われているものなので、

かなり真実味がある理解できると思います。

 

そう考えると、『後でまとめてやれば良い』 という考え方

毎日コツコツ続けている場合と比べて

 

その意識継続努力もの凄く必要とするになり、

それが出来ない結果、今回はまあいいかまとめて次の週に・・・

 

となってしまい、結局途中でやめてしまう可能性

極めて高くなるというになるのです。

 

この後でやればいいや・・・で途中でやめてしまった経験

幾つかお持ちであれば、その事は理解できると思います。

 

やはり(わずかな時間でもいいので)毎日コツコツ作業した方が

結果的には意識継続するのにはになるのでは・・・

 

そこです!

 

つまり、少ない時間でも、モチベーション維持なのが

毎日コツコツであるので、これが必要用件となるのです。

 

 

行き詰まったときのモチベーションの維持

 

とはいえ、これからずーっと平坦同じような作業

していくわけではないので、専門的内容理解出来なかったり、

 

アチコチ手が広がって混乱してしまったりと、

様々な難関突き当たってしまい、

 

行き詰まりを感じてしまう多々あろうかと思います。

 

そんな時は、気分転換に(少しの間だけ

自分の好きな得意な)記事を書いて

気分を紛らわせても良いと思います。

 

また、気持ちが落ち込んで頭が廻らないような時には、

気持ちのパワー充電必要だと思います。

 

そういった意味で、自分を取り戻すためのひとつの手段として

 

自分の可能性を信じる

 

という、言わば原点に戻るという行為はとても有効です。

 

当然アフィリエイト始めるからには何かしらの理由があり、

その目標があるからこそ、頑張って続けられるのです。

 

なので、そこに至った自分方向性正しさ信じ

実行移すことが出来た自分褒めながら、

 

ここまで出来た行動力見つめなおし、

今後も継続やり遂げる力を持っているんだ!という

 

自分の秘めた能力

 

信じることで、更なる『継続のパワー』を

生み出すことが出来ます。

 

もし、何か行き詰ったことがあれば、

今までの自分成し遂げられた事実振り返り

 

それをじっくりパワー変えて更に前進しましょう!

 


title5

tema2


acces-up
tema1-2
tema3
tema4-2
tema5

プロフィール

はじめまして、オフィスFUJIと申します。 profile
現在50代でバス通勤の合間に
アフィリエイトを実践中の
サラリーマンであり、
頑張るイクメンパパでもあります
(現在は育児休業中でーす♪)
ここは、実践中の参考になる
情報配信基地として
整備していきますので
ご訪問よろしくお願いしますm(._.)m

メルマガ読者募集中!!

4SgsGsRzUFpoSPy1451660235_1451660535
アフィリエイトを始めるための手法
お役立ち商材など初心者のため
選りすぐり情報をお届けします
これからアフィリエイトを始めたい!
稼いで自由を手に入れたい!
という方のための、
得々情報満載メルマガです。
ブログを読んでみて
役に立ちそうだなぁ、ふむふむ
と興味を持たれた方は是非ご登録を

My 3D WP Tag Cloud

スポンサードリンク

▲トップへ戻る