加齢による集中力の低下とそのカバー方法について考える


ef58261d428bdd688d28d40d80e7a635_s


持ち時間の少ない環境で、アフィリエイトを続けるには

優先順位をつけるという事と、集中力が鍵になります。


ちまたで良く耳にする、

『年をとったら集中できなくなった』

という言葉。


自分が子供の頃から、大人が話しているのを聞いて

やりたくないものだから、年のせいにしているんだな。


と、ずーっと思っていました。


加齢による集中力の低下は本当だった!


と、ところが!

現在、当年とって50の私の身に、

その数年前から前兆はあったのですが、

何と本当に集中力が衰えてきたではありませんか!

(まあ、もともと良い方ではありませんが(^^;)


で、しかもそれと平行して、

今年になって気づいたことがあります!


それは、無意識のうちに

『頭の中に音楽が流れている』

という事です。


まあ一般的にいう『リフレイン』ですね。

♪~♪~♪~

と、気がつくと頭の中で鳴っていて

しかも、口ずさむならず、思いずさむ??

頭の中で歌っちゃっているのです。


このままではいけない!


無意識のうちに音楽が鳴り始まっていて、

思いずさんで(?)いて、んっ( -_・)?

と、突然我に帰る訳です。


それで、(大抵は仕事中の出来事なので)

入力等の誤りなどしたら大変なので、

慌てて頭の中の音楽を強制終了するわけです!


が、やはり、仕事が嫌いだから仕方ないのか

少しするとまた・・・歌っちゃってるのです(*_*)


げっ!まただっ!

最近は子供の影響をもろに受けて、

ずーっと、アンパンマンのテーマが流れていたりします(^^;


落ちた集中力を補う方法を模索


と、日々そんな感じで過ごしていたのですが、

いつまでもそんな毎日では、仕事は良いものの(^^;

アフィリエイトが思うように進まない!

と、何とか解決する方法を模索し始めました。


まずは、気を取りなおして頭のなかを静かにして、

耳を澄ますと・・・キーーーーんっ?

そういえば、このキーんという音は一体何?


ちょっとググって調べてみると、

全ての人がキーンというのではなく、中には

うぉ~ん、と響いている人もいるようです。


このキーンですが、若かりし頃と比較すると

何となく大きくなったような気がするのですが・・・


で、このキーンという音をちゃんと聞こうとすると

不思議なことに次第に大きくなっていくんですよね。


んっ!?

これはっ!

と、しばらくキーンという音に耳を済ませて(?)いると

それまでリフレインしていた音楽がすっかり消え去り、

しかも、ただキーンという音だけなので、

思考することに影響は無いんですよね♪


なので、アンパンマンのテーマが始まったら(^^;

キーンに集中してリセットすることを覚えていれば

リフレインが止まるだけでなく集中力も復活!


あとは、『キーン』を思い出せるかが鍵です(^^;


目標設定の重要性


ただ、出来ればリフレイン自体が始まらないのが理想というもの。

考えてみると、好きなことに没頭していると

そんな音楽なんか回らないんですよね。


なので、作業そのものを好きになる、

又は、楽しく作業が出来るようになると

集中力が増すわけです。


でも、そんなに簡単に好きになるなんて

出来る筈無いですよね?

で、また考えるわけです( ´~`)


たぶん、成功者は作業が楽しいに違いない!

作業 = 結果が見えていますからね♪

よしっ!じゃあ成功したイメージを持って

取り組んでみよう!


何を、そんなこと!?

と、思った貴方は

成功までの道程は長いかもしれません。


やはり、物事を成功に導くには、

緻密さも大事ですが、

ある程度の楽天的要素も必要なのです。


なので、成功したい!続けたい!

でも~、あれやこれや・・・とお思いの貴方!

今日これからは、肩の力をまず抜いて、

自分が成功したイメージを膨らませるようにしましょう♪


そう!成功した楽しいイメージo(^o^)o

それが出来れば、成功へ一歩前進です♪


一定期間毎に再確認する


更に、そのイメージを持続するための工夫をひとつ。


人間は、とかく同じことに対しては

意識が薄くなってしまうもの。

(つまりは飽きる、忘れる)


なので、定期的に成功のイメージを

モデルチェンジしましょう♪


例えば、前回は、

『高級料理を思う存分食べている』

だったのが

『ファーストクラスで世界一周』

など。


あっ、でもそれに思いを馳せていては駄目ですよ!

あくまで集中力の為だけですから。

肝心の作業を怠ってしまわないように

注意しながら、ですよ♪


今日はここまでです♪


本日も最後までお読みくださりありがとうございましたm(._.)m



早速記事を書きましょう!・・・何をどうやって書くの?


無料ブログについては、もうひとつ

So-netブログをご紹介したいと考えておりますが

少々手間がかかるので(^.^)

後日にさせていただきます(^^;


ちなみにこのSo-netブログは、他の無料ブログと違って

『nice!』のリンクを付ける(ボタンを押す)

という機能があります。


これについては賛否両論ありまして、

一概には言えませんが、他の人の記事を

楽に見に行けるので、コメントもしやすく、

また、もらいやすいという利点があります。


なので、So-netブログを開設したいという方は

もう少し待っていただくか、

ググってみてくださいね。


書くカテゴリーをアバウトに決める


さて、seesaaブログを作ったという想定で

先に進みます。


当然ながら、これからは記事を書いていかなければ

ならないのですが、

何をテーマに書いていきましょう♪


まずは、無料のブログなので、

気軽に、キーワードもあまり気にせず

文字数も気にせずに

(ただし、公序良俗は外れないように)

徒然なるままに書き連ねて良いと思うのです。


そうやって書いていきながら自分のスタイルを

決めていけるのが、無料ブログの良いところですから。


とはいえ、書き方として記事を進めていくためには

サンプルとして枠を決めないと先に進めませんので、

あくまで参考として決めさせていただきます。


ですので、実際には自分のカテゴリーで

考えて書き進めてください。


ここでは、とりあえずアフィリエイトについて

書くという想定にしたいと思います。


まあ、自分のアフィリエイト実践記

といった感じでしょうか。


なので、タイトルは、

『会社の上司のパワハラを

  打ち返す為のアフィリエイト実戦記』

仮にこんな感じとします。


記事の書き進め方


そうなると、書く記事の内容は、

アフィリエイトの事から会社での出来事、

はたまた家庭内の出来事や

職場の付き合いでの宴会、

出張先でのエピソードなどなど。

いろんな書き方が出来ます。


特に、タイトルに限定してしまう事なく

とにかく気軽に書き続ける事、

この継続という部分が一番大切です。


なので、自分の得意分野、知識の多い部分と

それに関連性のあるテーマをもうひとつ加えて

タイトルを作り、

そこから話題を少し広げながら書くと

比較的楽に書けると思います。


 アイキャッチ

ところで、私は時間がないので、

残念ながら出来ていないのですが、


アイキャッチといって、

記事の最初の部分や

記事が長くなるようならその途中にも、

書く記事に比較的関連性のありそうな

画像を貼り付けると、

比較的読みやすくなる傾向にあります。


なので、出来そうな方は

是非取り組んでみてくださいね。


 書く記事の分量

それから記事の長さですが

あまりだらだらと長くなってしまうと

読んでいて飽きてしまうので

それなりの長さに押さえるのが

書き続けるコツです。


書くことが好きな方なら

そんな感じで抑えれば良いのですが、

ちょっと苦手~( -д-)

という方は、何とか頑張って

最低でも500字程度まで伸ばしましょう♪


とはいっても、どうしてもかけない場合は

画像を入れるなどしてある程度の

見映えにしてくださいね。


ともかく書き続けることを目標に

頑張って・・・あっいや、気楽に取り組みましょう♪


今日も最後までお付きあいいただき

  ありがとうございましたm(._.)m




title5

tema2


acces-up
tema1-2
tema3
tema4-2
tema5

プロフィール

はじめまして、オフィスFUJIと申します。 profile
現在50代でバス通勤の合間に
アフィリエイトを実践中の
サラリーマンであり、
頑張るイクメンパパでもあります
(現在は育児休業中でーす♪)
ここは、実践中の参考になる
情報配信基地として
整備していきますので
ご訪問よろしくお願いしますm(._.)m

メルマガ読者募集中!!

4SgsGsRzUFpoSPy1451660235_1451660535
アフィリエイトを始めるための手法
お役立ち商材など初心者のため
選りすぐり情報をお届けします
これからアフィリエイトを始めたい!
稼いで自由を手に入れたい!
という方のための、
得々情報満載メルマガです。
ブログを読んでみて
役に立ちそうだなぁ、ふむふむ
と興味を持たれた方は是非ご登録を

My 3D WP Tag Cloud

スポンサードリンク

▲トップへ戻る