dame

 

いきなり、自分が使っているツールをお薦めしないとは

いったいそういう事だ?!

 

という感じの始まりになってしまいましたが、この

キーワード発掘ツール「ももんが」についての私なりの評価を

記したいと思います。

 

Googleのキーワード プランナーを使ってみる

 

まず、『アフィリエイト』というキーワードを

キーワード プランナーで調べてみました。

momonga02

ここで一番上段に

表示されているのが

今回調べたキーの

アフィリエイト]です

 

赤丸で囲っているのが

平均月間検索ボリューム

競合性です。

 

 

つまり、グーグル検索で『アフィリエイト』という文字の検索数

毎月平均90,500件あり、広告依頼の『競合性』が高いという事です。

 

 

意外に勘違いしている競合性の内容

 

ちなみに、この競合性とは、グーグルにお金を払って

PPC広告(検索結果の上位表示やサイド表示)させる

広告主競合性に事で、

 

このキーワードを使ったサイトの競合性(サイトの数)では

ありませんので注意が必要です。

というか、ライバル競合という点では重要ではありません

 

ただ、ある意味、このキーワード費用をかけて

広告を出したいという人が多いという事は

利益が出やすいかも?という見方もできます。

 

 

キーワード発掘ツール「ももんが」を実際に使ってみましょう

 

そこで、実際のサイト競合数は果たしてどれくらいか?

というのを、このキーワード発掘ツールももんが」で

調べてみましょう。

 

まずは、ももんが起動します。

momonga01

 

次に、左の入力欄に、『アフィリエイト』と入力して、

そのの『調査』というボタンクリック

 

すると、右側結果表示されます。

momonga03

 

ちなみに、この検索後に対象広告数を変更して再度調査したところ

momonga04

 

アフィリエイトというキーワードの競合数2000増えていました!!

と、思いきや、再度検索しなおすと、また元の数になっていました(^^;

まあ、多少の誤差仕方がないですね(^^;

 

 

かなり重要度が高い重要の数が・・・

 

で、この結果を見れば一目瞭然なのですが、

肝心の需要となる検索数解らないんですよね。

 

狙い目度目安は表示されるのですが、

それはあくまでも、競合数(そのキーワードを使ったサイト数)と

広告数(マニュアルには記載なし)などから

 

独自で判断しているとマニュアルには書いてあるのですが、

どうもその根拠が不明なのが・・・

 

そもそも、キーワード発掘ツール「ももんが」

トレンドアフィリエイト用に作られているので、

 

トレンドキーワードは左上の『キーワード取得』ボタンで

一発取得できるのでとても便利です。

 

そして、結果表示されたキーワードの右

各検索サイトへのリンクボタンがあるので、これはかなり便利です!

 

まあ、その辺りの利用価値高評価するならば、

需要である検索数は、グーグルの

キーワードプランナーで補えばOKでしょう。

 

キーワード発掘ツール「ももんが」 はこちらからどうぞ

 

 

実は調べたらそれ以上のものがありました!

 

ただ、やはり個人的には、私のPCスペックが低いので

グーグルのキーワードプランナーはどうしても動作が遅く

 

出来れば、検索数ツール勝手にやって欲しい!

と、切に思うわけです。

 

で、いろいろ調べた結果、キーワードスカウターS

というツールが探し当りまして

 

これがなんと!その検索数までも自動で調べてくれちゃうんです!

(Yahoo!提供のキーワードアドバイスツールを利用)

 

そして、当然のようにキーワード拡張機能関連、複合ワード抽出

自動でやってくれちゃうのです(^0^)

 

しかもこの キーワードスカウターS

ももんがより少し安いんですよね!

 

こちらもトレンドアフィリエイトを主目的に構成されていますが、

記事の中には、PV数獲得のために、不定期トレンド記事

折り込みたいので、これは是非欲しい一品です!

 

KS2

 

 

1 コメント

  1. ピンバック : ブログアフィリエイトの最重要ポイントであるタイトルのつけ方 | 50代から始めて老後を豊かにト~初心者アフィリエイター養成所~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください