自転車のタイヤがパンクするって実は結構あるんですよね。

 

その瞬間は何の前触れもなく突然やってきた

実は私もいつもの道を普通に走っていたところ

道の段差があるところでガタッ!プシューっ!

げっ!買い物に行く途中なのに💦

でもとりあえずは買い物帰りじゃなくて良かったかな。

やはり重い荷物を乗せて自転車を押して家に帰るのは

ちょっと苦痛ですからね。。。

 

ってわけで、お出かけは諦めて自転車を押して帰宅💦

さてとパンクした場所はどこかな?

んっ?こ、これは?!パンクではなくてバーストじゃあ!

なんと後輪のタイヤに大きな穴が開いておりました😭

 

前輪なら普通に外して簡単に交換できるものの

後輪となるとチェーンはついているし

更にはこの自転車、内装式3段ギヤ付きなので

そう簡単にはできそうにない💦

 

勇気ある決断?

さてどうしたものか?

おそらく自転車屋さんに持っていったら5千円は下らない

もしかすると1万円以上?!

じゃあ買い替えた方が安いじゃん!!

 

んー、こうなったら壊れても買い替えすりゃいいので

なんとか頑張って自分で直してやる!

ってまあこれも一つのDIYですよね🎶

ネットで調べたらまあ何とかなりそうだったので

早速近くのホームセンターへ行きました。

 

事前準備は大切です!

おっとその前に付いていたタイヤのサイズと

同じものを買わなければ取り付け出来ません!

ちゃんと何インチか調べてから行くか

ダメになったタイヤを持って出かけましょう!

 

そんなわけでお店に行くと、、、

あ、あった最後の一本!

まあ需要が少ないのであまり在庫は無いのでしょうね

そんなわけでパンクしにくいらしいタイヤを購入🎶

 

そのまま家に帰って修理開始!

まずはタイヤをリムから外し。

タイヤを止めてあるボルトも外します。

ここから注意しなければならないのは

小まめに写真を撮っておくこと!

 

結構いろんなパーツが付いているので

外す場所ごとにちゃんと拡大してピントも合わせて

いっぱい撮っておきましょう。

 

ということで重要な部分はここ、車輪がついている部分です。

一目にはわかりませんが、ここにフレームやら荷台やらスタンドやら

いろいろなものを固定するため、集中しているんですよね。

 

反対側からも、、、んーあまりよく解りませんが💦

 

表側を緩めて、外す前に写真を撮っておくのが大切です。

 

反対側のカバーを外すとこんな感じになっています。

これを当たり前ですが、外側から順に外していき、

組み立てるときは逆に取り付けていかねばなりません!

 

今回ホームセンタで購入したのはこちらです。

まあパンクしにくいというだけあってかなり肉厚のタイヤです。

 

この後、順に外し、タイヤを交換したのですが、

実は結構難関がありまして、実はチェーンなのですが

これが油で手は汚れるわ、

なかなか思うように外れてくれないわで、写真撮れませんでした💦

 

でも約2時間ほどで無事取り付け終了♬

空気もパンパンに入れて復活を果たしたのでした!

 

ここで後日談もありまして💦

実はタイヤ交換をした翌週のこと

同じように歩行者用道路を走っていたら、

ちょっとした段差でガツン、、、しゅーーー💦

なんとパンクしてしまいました😢

 

まさかパンクしにくいタイヤが1週間でパンクなんて、、

当然普通のパンクくらい問題なく直しましたが

原因を考えてみると、どうやら交換したばかりのタイヤは

空気が減りやすいので、1週間もしたら

空気を増し入れすべきだった、そのように思います。

タイヤ交換したら是非頭に入れておいてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください