メルマガ発行者が守らなければならない法律


そもそも、お金に絡む事を行おうとする場合は、

何かしらの規制、若しくは制限のようなものが存在します。

まあ、(何らかの)被害者を出さないためですので、

仕方がないことですね。


なので、配信する予定のメルマガが、

単なる、情報提供だけで終わるならば、

何ら法律の規制は受けないのですが、

ホンの一行でも、販売の項目など入ったものなら、

即、法規制の対象になってしまいますので、

くれぐれも法律に準拠した配信を心がけた方が

無難だと思います。


その法律は何かというと、

『特定電子メール法』というものです。


特定電子メール法の概要(抜粋)


特定電子メール法とは、

『特定電子メールの送信の適正化等に関する法律』

の事を指していて、この法律の略称は

『迷惑メール防止法』です。

こっちの方が解りやすいかもしれませんね(^^;


ところで、消費者庁では、平成23年8月に

この法律の守り方の基準として


特定電子メールの送信等に関するガイドライン


というものを発表しています。


まあ、何れにしても、文字が物凄く多くて、

パット見ただけで、終了~♪


いや、そうは言っていられないので、

せめて重要な部分だけでも抜粋して概要としてお伝えします!


 1 オプトイン


オプトインとは、


 予めあらかじめ、広告や宣伝のメール送信を

 行うということを、

 「配信メルマガ名を指していて記載した上で」

 キチンと認識できるように表示しておき、

 その上で(広告や宣伝を受信することを了承して)

 自らの意思で、

 「その配信メルマガを購読する事に」

 同意を表示してもらうこと。


ですので、必ずその証拠を

各人毎に残しておかなければなりません。


といっても、メルマガを登録した方は覚えていると思いますが

必ず、申し込みの際には必ずメルマガ名が記載されているはずです。

なので、システムにはそのメールアドレスと日時、メルマガ名が

残っているはずなので、それを必ず保管しておくこと、です。


ちなみに、保管期限は、ガイドラインによると

読者(だった方)が購読停止の意思表示をした後から、

1ヶ月間と記されています。


 2 オプトアウト


オプトアウトとは、


講読者がメルマガを受信することを、

何らかの理由により拒否したいと思った場合に、

すぐに購読解除が出来るように、

全てのメールに記載しておかなければならない。


です。


これは、そんまんまですね(^^;

メルマガを購読している方はご存じだと思いますが、

必ず一番最後に、メルマガ解除のURLが

記載されているかと思います。


もし無い場合は、法律違反なので、

迷惑メール相談センター に通報しましょう♪


 3 表示義務の項目


(全ての)メルマガに必ず記載しなければならない項目が

購読解除URLの他に、


 ① 送信者などの氏名又は名称


そして、これは、メールの中に直接でなくても良いのですが

 ② 送信者などの住所、

 ③ 苦情・問合せなどを受け付けることができる

   電話番号、電子メールアドレス又はURL


と、なっています。


②と③に関しては、任意の場所でよいので、

メールの中にリンクを入れるのでも良いのだと思います。


ただ、①の名前ですよねぇ・・・( -д-)

でも、「送信者などの氏名又は名称」とあります。

なので、何か家族で自営業を営んでいれば、

その一員ということで、

その名称でも良いのかなと思われます。


あとは、儲けることを前提に法人化しちゃう

なんていう事もありかと思いますが・・・

こればっかりは、自己責任で調べて実施してくださいね。


本日も最後までお付き合いいただきありがとうございましたm(._.)m



1 のコメント

  1. ピンバック: 目指すは連動型アフィリエイトでまずは月収10万円を稼ぐ! | 50代でアフィリエイトを始める~初心者アフィリエイター養成所~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください