とうとう日本にも感染拡大の兆候が

見られ始めた3月末現在。

特に院内感染や施設内の集団感染があり

数字上はかなり広がった印象は否めない。

 

ただ今後、こうした集団感染が

飛び火して広がってしまうと

全く手がつけられなくなるので

もしかするとそう遠くない将来

日本にも、緊急事態宣言、

発令されてしまうのかもしれない。

 

そんな中、ベルギーで新型コロナがペットの猫に

飼い主から感染していたらしい事が

判明したそうな。

 

この猫、飼い主の症状が出たあと

下痢や嘔吐の症状が出たらしいが

そもそも私が今理解している、

新型コロナの人間の症状と異なるので

いささか不安を覚えている。

 

と言うのは、そもそもこの新型コロナウィルス、

当初は中国で新型肺炎が流行っている

と言われていた程に、中核病状は

呼吸器官と理解していた。

 

なので咳とともに発熱と何か

という症状の、判断基準

更には昨今言われている

味覚臭覚の感覚障害が、新型コロナの

感染判断基準と思っていたが、

その他にも下痢や嘔吐の可能性もあるとなると

ややこしくなり、理解不能(*_*;

 

まあ、動物の場合は

症状が異なる可能性もあり一概には言えないが

ただ可能性はゼロではないので

一応知識としては入れておきたい。

 

そう言えば、それ以前にも

香港で、やはりペットの犬に感染した事例があり

この犬のケースは、一旦回復したあと

悪化してしまい、回復の2日後に死亡したそうな。

 

ただこの犬は17歳という高齢であり

心臓病の持病を持っていたらしいので

新型コロナのペットへの重症化力が

強いかの判断とはならないまでも

今後どうなっていくかは誰にも解らない。

 

そしてその2ケース以内にも

感染は確認されなかったものの

犬の鼻の微粘膜?の検査で

新型コロナウィルスが発見されたという。

 

つまりは例えペットが発症しなくても、

何処かで新型コロナのウィルスを拾ってきて

飼い主に感染させてしまう可能性は

大いにあり得ることであり。

今後散歩などに関しても注意が必要かと思う。

 

それまでは自宅監禁していたのに

たった数回出かけたスーパーで

全く見に覚えのない感染となってしまう現在、

ペットの猫が散歩から帰って来た時に

どこからか新型コロナウィルスを

身体に付着していた、或いは感染者に

頭や身体を撫でられていた可能性もあるので

ペットを買っている場合は、

自分だけで無く、ペットの除菌、

いや除ウィルス対策も考えておかないと

知らぬ間に発症、の可能性は

益々広がってしまう危険性があるので

やはり厳重注意なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください