新型コロナの初期症状として

最近話題になっているのが

咳よりも味覚臭覚の異常のような気がする。

 

東京の国立がん研究センターの職員の

感染が確認されたが、この職員の

検査のきっかけとなったのがやはり

味覚や臭覚が無くなったということらしい。

 

特に発熱もなかったというので

咳よりも、この臭覚味覚の異常が

新型コロナの感染判断の

ある程度の目安となるのかもしれない。

 

因みにこの職員は年齢が若く、

ウィルスに対する対抗力も強いことも予想されるので

もしかすると、咳や発熱まで至らない場合

味がしない、匂いが解らないだけで無く

味が薄い気がする、匂いが薄い気がする

そんな程度の状態変化でも

ウィルス感染となっていることもあり得る。

 

 

なので、この味覚臭覚異常は

これから結構注意して生活する

必要があると思われる。

 

特に、咳や発熱に至らない場合、

発症感覚が無いため、マスクもせず

外出してウィルスを撒き散らす可能性もあるため

充分に注意喚起を至らせる必要ありと思う。

 

自分も含め、こういった症状が少しでもあった場合

少なくとも外出は控え、体力温存に

務めるべきであると思う。

 

それと、一刻も早い治療薬決定と

増産に期待したい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください