どうしても今人口が多いアメリカが

増加数が多いのでそちらに目がいきがちだが

各国の人口を足し合わせると巨大な国ヨーロッパ。

そのヨーロッパという大きな国で見ると

4月1日現在の感染者数は約45万人!

ヤバすぎやしないか??

そんな中、まだ海外へ旅行に行く人がいるのが

私はどうにも信じられない。。

 

まあそんな他人批判は別の人に任せて

ここでは今回ヨーロッパの状況を

まとめる事にする。

まあまとめと言っても数字だけだが(^^;

 

実は前々から気になっていたのが

以前ではイタリアが突出していたので

ヨーロッパでは当然イタリアに目が行くものの

イタリアよりも人口の少ないスペインが

どうも伸びが大きいのが私は気になっていた。

 

で、ここでイタリアの増加傾向に

一旦歯止めがかかりつつあるような

増加数減少により、浮き出して来始めたのが

スペインの伸びである。

 

現在イタリアが105,792人なのに

スペインは94,417人。

肉薄である。

どうやらスペインの増加傾向にはとめが掛かっていない。

 

もっとも、イタリアの増加傾向の傾斜が

緩くなったとしても、死亡者数は

緩んでいないので、結果

死亡率は増大傾向にある。。

11.7%、、驚異的な数字である。

 

ただスペインも1週間前は6.5%だったのが

8.6%に上昇していて、

つまりは感染数も死亡率も上昇している。

これは恐らく医療崩壊。

他にも今まで少なかったフランスの数字が

突然増えているのが気にかかる。

この増え方では医療崩壊は免れないだろう。

 

ヨーロッパはそもそも地続きなので

海の中にポツンとある日本のような

いわゆる鎖国体制は厳密には取りにくい。

そこが盲点のようである。

 

と言っても日本イギリスも似たような位置?

イギリスの今後も注目される。

 

因みに医療崩壊については検索してみると

凄まじい現実が次々と出てくる。

医療従事者の死亡もかなりの数になっているらしく

これでは死亡を食い止めるのは困難。

 

医療従事者となれば年配者だけではないはず

逼迫した状態でも仕事ゆえ負担が酷く

健康を保てるはずもない故の死亡と思われるが

という事は年配でなければ安全は

やはり無いという事になる。

 

誰もがこの新型コロナで死亡する可能性がある。

残念ながら各国とも自分の国を守る為

必死だと思うので、ここは祈るしかなさそうである。

 

この様な状況のヨーロッパへ

アビガン含め治療薬の臨床試験拡大、

行って欲しいと願うばかりである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください