実は昨年まで頻繁に訪れていた国マレーシア。

過ごしやすい気候と物価の安さ、

その割には利便性が高く、

何かと行動しやすい国とした

とても親しみのある国である。

 

一方、国民性としてはなかなかアバウトで

約束の時間を守るという認識は

あまり強くないようにも思われる。

が、反面拘りも少ないのである程度は

融通がきく場面もある。

まあ拘りが強い部分もあるにはあるが^^;

でも総合的に見れば日本より住みやすい国と言える。

 

そんなお国柄のマレーシアではあるが、

多民族国家であるのに関わらず

意外に鋭い動きをする政府なのに

結構驚かされる。

 

例えば祝日の設定であるが、

突然来月はこの日が祝日となった、

などという事も起きてしまう^^;

なのでこんな強硬手段も取れたのであろう。

 

そう、新型コロナ対策として取られた

厳しい外出禁止令である。

この外出禁止令、始めのうちは

そこまで厳しくはなかった。

 

とはいえ、生活物資の購入以外は

外出は認めなかったらしいが。

でもその外出禁止の厳しさが増し、

今や世帯主のみが生活物資の購入の為

外出が許されるのみだそうな。

 

なので、ある意味世帯主

まあ通常は夫となるであろうが

その夫が妻から手渡された買い物メモで

実際にスーパーに行くと

普段買い物をしない人は途方に暮れるらしい。

 

何故かと言うと、このマレーシアという国、

多民族国家が故に、その民族独自の

生活物資があるらしく、

普段から気にしていない旦那様は

お店の中でメモのものを探すのに

とても苦労しているそうな。

 

まあどこの国でも買い物となると

夫は大変なのである(-_-;)

 

話し変わってその外出禁止令、

日本と違いとても厳しい統制下にあるらしい。

つまりは取締が厳しく、

軍隊も出動しているそうな。

 

そんな中、日本人が多く住む

モントキアラという住宅街で

ジョギングしているのを咎められ

逮捕されるという事件が起きた。

 

逮捕されたのは11人でその中に

日本人4人も含まれていたそうな。

外国人が多い地区だけに地元マレーシア人は

二人しかいなかった。

 

そして、その後判決が言い渡され

罰金1000リンギットとなった。

まあ日本円にして25,000円ほど。

日本人からみれば決して高い金額ではないが

やはりそこは郷に行ったら郷に従えで

素直に家に居るべきであろう。

 

因みにこの罰金を払わなければ

禁錮4か月となるそうな。

 

ところでこの逮捕の理由であるが

MCOといういわゆる行動制限令。

3月末までに800人あまりが逮捕されたそうだが

起訴されたのは165人らしいので

運が悪いというべきか、

でもやはり自分が感染源になっている可能性を考えれば

そこは仕方がないであろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください