新型コロナ感染の味覚臭覚異常症状

 

味覚異常や臭覚異常は何も新型コロナだけの

特徴というわけではなく、

一般的には風邪をひいたりすると

味がわからなくなるとはよく言われる。

 

が、私自身風邪ををひいた時の感覚としては

味は解らなくなるとかではなくて

舌にしびれ感というか膜が付いている感覚

つまりは味覚細胞に何かが覆われている?

まあそんな感覚を覚えている。

 

要するに味は解るがちょっと鈍い感じ

そんなところでしょうか。

 

さて今回の新型コロナウィルス

だいぶ前から言われているのが

やはり味覚異常と臭覚異常。

感染者情報を見てみると

その具合は大きいようで

全く味がしないという例も多く

これは侮れないなぁと思うのです。

 

新型コロナの感染はどこから?

 

新型コロナに限らず人のウィルス等の感染は

たいてい口か鼻からだと思われます。

 

つまりは呼吸過程において

空気中に存在する物質に付いている

ウィルスを吸い込んでしまい

人のフィルターに引っかかるという訳です。

 

ここでいうフィルターとは

鼻粘膜や喉の粘膜のことです。

つまりは人間の防御システムの

最初の段階がこの粘液システムであり

ある意味これが正常に機能しないと

突然気管支がやられた!

となってしまうことでしょう。

 

症状の種類と原因を悩む

 

ここで新型コロナの症状と

照らし合わせて考えてみます。

ここで示したウィルスの初めの侵入は

鼻からか、口からで、その粘液システムが

正常稼働していれば普通は鼻粘膜に

ウィルスを付けた微粒子が

引っかかることになると思います。

 

そしてそこでうまくウィルスが増殖開始できれば

そこで拡散行動を起こすことになります。

まあ素人が考えるに隣りの細胞ヘ移るのと

空気中に湧き出るのがあると思ってます。

 

ただここで粘液システムが正常機能してれば

広がろうとしたウィルスはその粘液に

捕まりそこで終息するはず。

なので正常であれば後は免疫との戦い。

 

運良くそこでやっつけられれば無症状

或いはちょっとした炎症で終わるはず。

 

ところが寝不足やイライラ等の原因で

ストレスが粘膜システムを壊していれば

粘液分泌が行われなくなり

結果フィルター機能を果たさないまま

ウィルスを付けた塵は肺へと近づく訳です。

 

 

そして次は喉の粘膜ですが

鼻粘膜が正常でなければそこも通過し

一気に気管支へ到達!

まあ気管支は流石に狭いので

これ以上直接進むことは少ないと思われます。

 

で、気管支に直ぐに到達してしまったウィルスは

そこで直ぐ免疫と戦うことになり

気管支炎を起こすことになるでしょう。

 

一方、粘液システムが正常機能してても

鼻呼吸ではなく口呼吸をしていた場合

ウィルスを付けた塵は直接喉へ!

となれば最初のフィルターは喉の粘膜。

 

そこで免疫と戦うので喉の炎症となる

まあそんな感じだと思ってます。

 

新型コロナの感染判断はここ?

 

そんなウィルスの侵入経路ですが、

やはり個人的に気になるのが

新型コロナウィルスの感染判断。

まあ結果的にはPCR検査したありませんが

そうなる前に自分の基準を持っておきたい。

 

そこで浮上するのが味覚障害臭覚障害。

やはり感染者の言う無味無臭というのが

どうしてもひっかかります。

中にはその味覚障害臭覚異常だけという場合もあり

恐らくはそれがこの新型コロナの

強さではないかと考えています。

 

つまり、初期段階の鼻粘膜で増殖の時

既にその強さから酷い臭覚障害となり

或いは喉から感染したその初期で

味覚障害となる。

 

なので私の中では味覚と臭覚が

悪くなったら危険!

そう考えています。

 

 

もしも自分が緊急事態のとき

 

さて昨今話題になっているのが

新型コロナの検査拒否。

そもそも症状が風邪と重複する事から

どうしても濃厚接触者出ないと

軽症では軽差対象にならないようです。

 

いや、正確に言えば検査体制が整っていない為

そうせざるを得ないというのが

本当のところのような気がします。

 

なので市中感染が広がっている今

濃厚接触者出ない人が実は大変危険!

その本人を含め周りの人も、です。

 

その回避方法は、、、

見つかりません(-_-;)

 

なので症状早期に何とか頑張って

濃厚接触者外来に相談するしかないと

そう考えます。

 

もし咳が酷く味覚が無い等の症状で

新型コロナ感染が疑わしい場合は

仮に病院で検査拒否されても

奥の手を使い検査を受けると思います。

 

PCR検査を受ける奥の手

 

病院2つを周っても検査を拒否され

濃厚接触者外来に相談して漸く検査したら

陽性だった例があちこちであり

それこそこの事態が緊急事態だと思う。

 

そんな事態でもし自分が新型コロナ感染に

かかっているかもしれない状態になった場合

当然初めは病院へと行きますが

もし症状が重い場合、

行っていなくても、東京や大阪など

発症集中地域に行っていたと言えば

まあほぼ間違いなく検査でしょう。

 

ただ始めから医師の判断を待たずに

自分から言うのは気が引ける場合は

病院では様子を見、そこで検査否定されたら

接触者外来に相談し、実は、、、

これで行こうと考えています。

 

決して人に勧める行動ではないので

あくまでも私の場合です。

アメリカでは若くでも重症化するケースが多く

重症化ともなれば死と隣り合わせ。

自分の命がかがっている

 

もしも自分が咳が酷く熱もあり

家族に移してしまう危険性大の時

或いは家族にそういう事態が訪れた時

とらなければならない行動を決めておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください