新型コロナウィルス感染者数は

WHOがパンデミック宣言をした後急上昇

2020年4月23日現在世界の患者数は

250万人をゆうに超え更に上昇傾向を示す

 

ニューヨーク・タイムズのデータによると

日々の新規感染者数は一旦横ばいになった

かのように見えたもののそれ以上変化せず

下降ラインはまた上昇ラインに戻りそうである。

 

 

ここで考えてみると恐らく

一旦急上昇したラインが平坦に向かったのは

各国が行った緊急事態宣言による

ロックダウンがある程度の効果を示し

アメリカを始めとしてイタリアや

スペイン、フランス等の国々が

一旦ピークを迎えた事が大きいであろう。

 

ただ気になるのがラインで見る限り

大きな下降線を描かない事である。

大都市封鎖をした結果それを解除する為には

新規感染者数がきっちり下降ラインを描き切り

ほぼ下端で平坦に落ち着く事が必至である。

 

にも関わらず、ラインはまだ下降を

開始したかに見えるだけでまだまだ。

なのに、封鎖解除を求める国がある。

大国アメリカである。

※BBCニュースジャパンHPより引用

 

新型コロナウィルスを封じ込めるには

いや、収束への向かうには感染拡大を

止めなければならず、その為には

クラスター発生は厳禁であり、

その為には集会は原則禁止が当然。

 

デモ行進なんていくらマスクしてても

どこかで外す事もあり得るし

食事も給水もすると思うし

声は張り上げるだろうし、、

 

新型コロナの発症は感染から

平均で約1週間後、4月末の

アメリカの新規感染者数が気になる。

 

それとアメリカでもう一つ気になる事が

それは、ロサンゼルスのあるカリフォルニア州の

伸びが突然大きくなったトリガである。

 

 

これはもしかして感染拡大の予兆なのか?

単に検査を拡大しただけなのか?

非常に気になるグラフである。

 

そして気になるのはアメリカだけではない。

世界で2番目に人口の多い国インド

2番目と言っても1位中国とほぼ同じ。

そのインドも都市封鎖を始めてから長いが

その新規感染者数の増加が衰えず

更に感染爆発してしまうのか?!

的な上昇傾向を示している。

 

総人口が約14億人のインド。

このインドで本格的に感染爆発となったら

世界の感染者数は1000万人を

早い時期に軽く超えてしまうに違いない。

 

そうそう忘れてはならないのが

発展途上国の各諸国。

先進国の医療が崩壊しているので

もう他国の支援は望めない。

となれば医療制度がまだ未発達の国で

大感染が起こったならば被害の状況は

想像を絶するに違いない。

 

もしかすると日本を含め他の国々は

新型コロナ感染爆発が

まだ始まったばかりなのかもしれない。。

 

 

日本が感染者数は上位国にならないためには

これからでも遅くはない。

感染爆発地域である東京や近隣県からの

流入を防ぐほかに、

不要不急では甘すぎる。

必須の外出以外は禁じなければならない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください