世界で報告されている新型コロナウィルス感染者は

現在ではその数約300万人。

死亡者数は20万人をゆうに超える。

 

更にはまだまだ感染が広がる余地が多い

国や都市が数多くある中で

既にインドやロシアのように

急上昇し始めてしまった国もあり

いち早い治療薬やワクチンの開発が待たれる。

 

そんな中新型コロナウィルスの治療薬として

世界で初めての治療薬承認を受ける予定なのが

レムデシビルという薬である。

 

この薬、アメリカの製薬会社で

社名はギリアド・サイエンシズ

実はこのレムデシビルという薬は

新型コロナ用の治療薬として開発された訳でなく

そもそもはエボラ出血熱の治療目的で

開発されたもの。

 

それを新型コロナウィルスの治療薬として

使用可能か臨床試験を行った結果

効果が発揮されたというので

その効果がアメリカで認められれば

その認証実績を根拠に

日本でも特例で早急に認可される可能性があり

それを示唆してのこの度のニュースなのである。

 

ただ先日WHOが誤って発表したとされる

レムデシビルの試験はは失敗だったという発表。

まあ中国寄りとされるWHOが本当なら

敵対するアメリカの製薬会社で

失敗とするのはまあ当然のこと。

とはいえその内容は素人には理解不能(^^;

 

さておきこの新型コロナ治療薬候補のレムデシビル、

そのWHOが発表した数字だけを見ると

レムデシビルを投与したほうが死亡率が高い。。

えっ、それって駄目じゃん?!

そう思ってしまう。

 

が、現在発表されているのは

WHOのそれではなく別のもの。

どうやら、日本やアメリカ、

ヨーロッパ、カナダで投与された

全58症例のうち36例が改善したらしい

まあ約68%になるらしいが。

 

でもこの58例って少なすぎじゃね❓

まあ素人的には、であるが。

 

ともあれそんな訳で恐らくはアメリカの薬

ほぼ間違いなく承認に至るのではないかと思う。。

 

だがここで心配になるのが新薬なので

未知数となる副作用。

 

実はこれまた別の治験かなぁ?

53人の治験対象者のうち

肝臓の損傷を認められた人が

53人中12人、割合にして23%

これを含めて何らかの副作用があった

患者数は53人中32人、全体の6割に上るらしい。

 

正直決して少ないとはお世辞にも言えない割合。

でも重症化する割合、いや死亡率が高いと考えれば

天秤にかけるべきものでは無いのかもしれないが。

 

ただそんな新型コロナ治療薬、

日本のアビガンは一体どうなってるのか?

実は例の沖縄から帰って新型コロナ感染が

発覚してしまった石田純一さん。

その後は無事回復して現在療養中らしいが、

その回復のきっかけとなったのが

アビガンかもしれないらしい。

 

まあ証明はできないものの

アビガンの大量投与を2回?

その結果熱が下がって回復との事。

ちなみにこのアビガン、認証はまだだが

簡単にに見積もって日本人感染者の

約2割には投与されているんじゃないかなと思う。

実際の数字は2000らしいが

何にしても富山の死亡者例以外には

投与したとの公表がないのがもどかしい。

 

個人的にはもし私が感染してしまったら

選択権が与えられたら

迷わず『アビガン』というであろう(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください