実は昨晩のこと、妻からこんなのあるよね!

と見せられたのがYou Tubeの動画で

何と野菜栽培用の培養土を袋ごと使って

ベランダでも簡単家庭菜園出来ちゃうよ♫

という内容のものでした。

 

恐らくは私の栽培技術が余りにも品疎なので

見るに見かねて案を出してきたのかな^^;

 

へぇ〜と思いながら見ていたら

何となく簡単にできそうになってしまい

何とも妻の術中にハマってしまった感じ。

 

そんな訳でまたまた買ってしまいました

お高いミニトマトの苗ちゃん♫

いや、普通ちょっとしか使わない

けちんぼにわか家庭菜園経営者の私^^;

せっかく1袋丸ごと使うのであれば

いっその事お高い苗を買わなきゃ損!

そんな考えのもと買ったのが

サントリーの本気野菜のミニトマトちゃん♪

 

その名も純あま〜♫

何と糖度が10度以上もありまるで

デザートのような甘さとか!

 

いや、惑わされてはいけません。

ちゃんと育って実って虫害から逃れ

それでも失敗する可能性もあるので

食べるまでは期待しちゃいけません!

 

ということで宣伝文句に負けて

買ってきてしまいました^^;

今日は一昨日よりも高く360円ほど。

そして実はその他にも1つ80円ほどの

茄子とピーマンととうもろこしと

またミニトマトを1つ買っちゃいました^^;

 

更にはコンパニオンプランツとして

ミニトマトと相性の良いマリーゴールドも購入♫

そんな訳で今日は夕方近くから移植開始!!

何せ場所が無いものだから悩み悩んで

キツキツで植え込みました。

 

もちろん高いミニトマトは培養土袋ごとです♪

まずはお手本どおり袋を開け内側に折り込みます。

開封も移植べらを使いかなり適当です^^;

 

これにサントリーのミニトマト純あまを

植え込みその近くにマリーゴールドを

添えてみました♪

 

そうそうよく見れば解るのですが

実はこの袋ごとプランターは

我が家の場合半分は土の中に埋めてあります。

理由を言いますと、やはり立てちゃうと

倒れるのが心配だから、です。

 

何せミニトマトといえどメチャクチャ伸びますから

まあ上手な方なら上手く回してやるのでしょうが

私のようなにわかケチ面倒がり菜園者は

ほぼ放置になるので無理!

 

なので必ずやバランスを失い倒れて

根本からバキッとなるのは目に見えているので

半分植えたというのが本音の半分。

 

残りの半分は、地面があまりに固すぎて

掘り進めず、しかもゴミも出てきたので

そこで栽培したくなくなったから、です。

何せ土の中からこんな物が出てきたんですよ!

まあ開拓中ならまだしも、今植えようと

掘っている時にこんな物がズルズル出てきたら

やっぱこうなりますでしょ?!

 

まあそんな訳でYou Tube動画とは若干違う

我が家なりの培養土袋ごと農法紹介でした^^;

 

あとは安い面々のご紹介。

因みに何故安い苗を選ぶのかと言いますと

もちろん自信があるわけではなく

逆に失敗して枯らしてしまっても

損害が少額で済むから、です。

 

因みに初年度は茄子二本をたった1個で終了(T_T)

一昨年は茄子一本ときゅうりを同様に(T_T)

幸い昨年はそれぞれ5個くらいは食べたかな。

いやとうもろこし が3本全滅だった^^;

 

さて今年のとうもろこしはどうかな?

んー、ちょっと埋めすぎたので危ないかも。。

 

お次はお茄子くん2人。こちらと

 

こちらですが、種類が違うものを買いました。

もちろん私にはどっちがどれか解らず

言ってしまえば何を買ったのかも^^;

まあそういう人なので出来はねぇ^^;

 

最後は安い方のミニトマトちゃん♪

あっ、一番上の写真と同じだった^^;

 

ところで昨年、

初めて高いミニトマトの苗を買ったのですが、

まず実の付き方が安いのと比べて

劇的に違いました!

 

何せ本当にどんどん身をつけていきます!

そして甘い!宣伝文句に嘘偽りはない!

めちゃ甘に感動したので今年も購入したのです。

まあケチなのでたった一つですがね^^;

因みに昨年もカゴメでした♪

 

今年も沢山甘いミニトマトが食べられると良いな♫

まあ病気の可能性もあるので 期待は禁物ですが。

 

そうそう今年の出費を計算したところ

今までの合計は2500円くらいです。

コスパとしてはどうなるかなぁ。

まあある程度実ってくれれば

コスパは考えなくて良いけどね。

つまり枯れなければ、ですな。

 

今後の成長を乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください