※画像データは全てニュースタイムズより引用

 

新型コロナが報じられ始めて早半年。

そろそろというかいい加減感染者数は

大規模となっているので情報としては

かなりの数に上っているはず。

 

このあたりで中間発表でも良いので

どこかの国で新型コロナ感染者の

年齢別や性別既往症別の症状と退院までの期間、

そして後遺障害などについてまとめて欲しいと願う。

 

 

新型コロナは5月21日現在で

世界では約500万人規模になっております。

 

それでも更に増加中。

現在ではロシアがかなり伸ばしてきており

アメリカに次いで第2位となってしまっている。

 

このロシアが突然ここまで伸びたのにも驚きだが

実はその下つまり第3位に来てしまったのが

南米はブラジル。

ここまでの伸び方からして今後を想像すると

かなり酷くなりそうな予感。

 

そして何度も触れてはいるが

人工数世界第2位のインドは遂に

新型コロナ感染者数10万人突破。

 

しかもこのインドという国

貧困の差がかなり激しく

しかもここまで長期間のロックダウン政策を

実施しており国民は既に疲弊状態。

 

その中でほぼ仕方なく?

制限解除に踏み切り始めた矢先の

酒店大混雑&酒税引き上げ

なぜそうなったかと言うとまあご存知とは思うが

民衆が我先に制限緩和された酒店に

大集結してしまったからで

危惧されるのはそこ。

 

つまり先進国でさえ統制がとりにくい

民衆の動きは発展途上国となるとほぼ無理。

しかも密集ぶりは半端なくどう考えても過密。

三密でなくとも感染拡大は必至とみる。

 

であればこれから益々拡大は進み

恐らくは感染者数は億に達するかも。

 

で、私が危惧するのは実はそこでは無い。

今アチコチで話題になっている

感染者の回復後の症状。

いや、現実的には回復後ではなく

PCR検査陰性となり退院した後の症状。

 

どうも人によっては尋常ではないようなのである。

特に肺炎の後遺症がかなり酷いらしい。

予想するに例のアメリカやヨーロッパで

話題となっている川崎病とよく似た症状の子ども。

その原因となっているのが血栓で

新型コロナはその血栓と関係があるらしく、

後遺症の肺炎と血栓、

これらについて何らかの関係があるのでは?

と勝手に思っている。

 

何にしても医学的根拠を持ってこういう症状になるので

こうなったらまた再検査するように等

早急に基準を策定し実行して欲しい。

 

集団免疫取得ならば別にそれで良いが

キチンと検査体制を整え希望するものには検査を実施し

必要な医療を施して欲しい。

別に対症療法で構わないのだ、

要は現時点での症状緩和のためのケア

そしてその為の国の強力な補助

これが望まれる。

 

海外ではこの国によるバックアップが

キチンと取られている報道がとても多いが

日本は、、、

遅すぎると言われようがやるべき事を!

マスクよりも医療機関への補助が最優先。

検査で8億円税金を投入するなら

マスクなど捨ててそのお金を

医療機関補助に回すべきだであろう。

 

いま一番必要なのは医療機関のエネルギー。

手を出せない国が唯一出来る事は

医療機関への医療物資補助と医療従事者への

手厚い補助、マスク費用は全部そこに回すべし、である。

 

 

そしてより良い情報を取りまとめ

迅速に頻度を高くして公開して欲しい。

新型コロナにより今世界は変化を求められている。

その求めに対処できるか否かで

今後すべての面で評価されるだろう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください