現在、我が地域においても小中学校の

夏休み短縮及び冬休み短縮の決定が

出されているが、そもそも論、

このタイミングを利用した9月入学問題など

学校のカリキュラムをいかにして実行するか

それしか考えていないのに腹が立つ。

 

そのカリキュラムを利用すれば

皆が100%理解できるわけではあるまいに

しかも現在、自宅学習期間を設け

学校のカリキュラムを学習させておいて

再開後に同じ事を学校でやろうなんて

効率悪過ぎ、いや無駄以外の何ものでもない。

 

そうでなくとも、頭の良い子は

学校の授業時間を無駄に使い過ごしているわけで

そういう人材を育成する特殊カリキュラム必須。

優れた人材は育成したいが教育プログラムは

変更しないなんて矛盾も甚だしい。

 

このきっかけに飛び級を大々的に認め

優れた人材はどんどん伸ばすべきであろう。

もちろん得手不得手があるので

万能でなければ一部だけ特化して

それだけ飛び級も当然必要である。

 

日本の将来、いや子どもの個々の将来を

大切に考えるのであれば、

今こそ、全体カリキュラムの見直しを

するべき時ではないのか?と思うのである。

 

飛び立てる者にはどんどん先に行かせて

残った者に普通教育を施す事こそが

平等な教育といえると考える。

 

とはいえ、我が娘は普通でしかないが^^;

ただ普通の子どもに必要なのは

よく遊びよく学べ

である。

 

昔からよく言われていたこの言葉、

文部科学省は忘れてしまったのか?

よく遊ぶ事がとても重要だという事を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください