定年延長法が適用され益々定年退職が遠のく現代少ない第2の人生を有意義なものにするためにいろいろ手探りでアチコチつまみながら気を張らず適当に続けていれば何かしらヒントは見えてくると信じて何事も程々に頑張ろう!!
ビットコインの自動売買botに挑戦〜02〜Sirius Quantのの中でシミュレーションを1つ選択する

ビットコインの自動売買botに挑戦〜02〜Sirius Quantのの中でシミュレーションを1つ選択する

Sirius Quant site

 

さて、前回は仮想通貨取引所の1つbybit

その取引所での自動売買botを無料で提供している

Sirius というサイトをご紹介しましたが、

今回はそのSirius Quantに数ある登録シミュレーション

つまりは自動売買botの種類の中から1つだけ選択します。

 

と言っても楽して早く稼ぎたいので既に答えは出ているのですが(^_^;)

まあ人によって好みはあると思いますので一応

個人的見解だけ述べておきます。

まああくまで私個人の印象ですのであしからず。

 

とその前に自動売買についてちょっとだけ前フリ。

自動売買と言っても結局は取引所に売り買いの信号を送ることで

売買の成立を積み重ねていくのですが、

そうなると当然ながらその信号を送る装置は常にネット接続しておかなければなりません。

なので、もしそれを自分で作る場合は自分のPCで行うのであれば

パソコンを上げっぱなしネットに繋げっぱなしにしなければなりません。

それが嫌ならレンタルサーバー等を利用して行う事になります。

 

そんな自動売買を無料で遣わせてくれるSiriusは

当然ながら自社サイトでやって頂けるので

時折サーバーやプログラムのメンテナンスが入る事があり

その際は売買信号が出なくなるので後調整は必須となります。

まあそんな注意事項もサラッと言っておきながら

Siriusのクラウドで無料提供している自動売買システムのいくつかを紹介します。

 

実際にページを見て頂くとどんなものがあるか解るのですが

私が気になったのはやはり一番成績の良いものです(^o^)

ただ期間によって若干違うのでちょっと迷いますが

とりあえず直近3ヶ月の成績で判断しました。

 

 

この一番上のLacerta1というのがそれです。

因みに2番目と3番目にあるRabbit〜というのは

恐らく年間億以上を稼いでいる有名なトレーダーさん作だと思います。

この3番目にあるRabbit-dattoというのが2番目に気になるものです。

 

そしてこの枠内には無いのですが、

Grid 30000〜40000buy only

というものがあります。

 

私が気になったのはこの3つで主な特徴を述べますと、

 

Lacerta1は常にポジションを持ち続けある条件下で反転サインが出れば

反転ポジションをとりノーポジとなることはありません。

最大10ロットまでポジションを持ちます。

 

Rabbit-dattoは相場の急激な動きに逆張りで反応し

動きに対して最大10ロットまで取って相場が反転した後で決済するものです。

 

最後にGrid 30000〜40000buy onlyですが、これは

35000〜45000や40000〜50000のものもあるシリーズもので、

ある一定ラインで買いに入り、一定ラインまで上昇したら売る。

その繰り返しを行うもので、その範囲内だけのレンジ相場であれば

ローリスクでハイリターンの代物だと思います。

 

ざっとこんな感じで説明しましたが、次回以降一つずつ詳しく見ていきます。

お楽しみに、、、している人いるかな???

次回はLacerta1等のボットについての説明です。

2件のコメント

  1. ピンバック: ビットコインの自動売買botに挑戦〜01〜bybitとSirius Quantの関係 – 退職後に有意義な生活を送るため何をすべきか考えるブログ

  2. ピンバック: Lacerta1(Siriusの自動売買ボットの1つ)はどういうものか? – 退職後に有意義な生活を送るため何をすべきか考えるブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください