定年延長法が適用され益々定年退職が遠のく現代少ない第2の人生を有意義なものにするためにいろいろ手探りでアチコチつまみながら気を張らず適当に続けていれば何かしらヒントは見えてくると信じて何事も程々に頑張ろう!!
Grid 30000〜40000 buy only(Siriusの自動売買ボット)とはどういうものか?

Grid 30000〜40000 buy only(Siriusの自動売買ボット)とはどういうものか?

 

前回まで、Lacerta1Rabbit-dattoの説明をしましたが

もう一つ気になっているボットがあるので

そのご紹介をしておきます。

それがこのGrid 30000〜40000 buy onlyでして

その名の通り3万ドルから4万ドルの値幅の間で

下がったら買って上げ戻ったら売るを

10万ドル幅刻みに単純に行うというものです。

なのでこの幅で値動きが完了する場合は

ノーリスクとなりますがもちろんそれでも条件はあります。

 

Grid 30000〜40000 buy onlyのリスク管理

ただ下がったらその分買って上がったら売るだけなので

一見リスクは無いように思えますが、

もし10倍でロット管理してしまうと当然アウトです。

つまり、資金が1万円の場合1ロットを1万円にすると

10%下落でアウトですから100万円の下落は

持ちこたえようがありませんね(^_^;)

 

因みにこのボット、ポジション値から150000ドル下落で

ストップロスがかかる設定になっております。

 

これ私、始めはビットコインの価格が15000ドルになったら

全部をストップロスするのかと思ってましたが

実際にgrid35000〜45000buy onlyが

44000で取ったボジションを15000下の

29000で投げていたので間違いないですね(^_^;)

因みにこのボットはその後はストップロス無しに上昇し

利益を得ることが出来ているようなので

現在持ち数は4となっているようです。

 

Grid 30000〜40000 buy onlyの利益率

このボットの場合利益率は簡単に計算できます。

購入する予定の価格分の10万ドルと言うわけです(^_^;)

概ね3.5%位になるのでさょうか。

なのでこのレンジ幅でずーっとジグザグ行ってくれれば

安定してこの%を増やしていくことができます。

 

ですが、前にも言った通り、この幅から6000ドル落ちると

1000ドル毎にストップロスがかかっていってしまいます(^_^;)

 

そう考えるとちょっと微妙ですよね(^_^;)

この価格より絶対落ちないという保証があれば良いですけどね。

 

因みにGrid 30000〜40000 buy onlyボットは現在約400%です。

 

ただ今後25000ドル以下にならないとは言い切れないので

私はこれは使いたくはない感じかな(^_^;)

でも15000〜25000があったら稼働しておいても良いかも(^_^;)

かなり無責任ですがね。。。

1件のコメント

  1. ピンバック: Rabbit-datto(Siriusの自動売買ボット)はどういうものか? – 退職後に有意義な生活を送るため何をすべきか考えるブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください