afilli

 

アフィリエイトの種類

 

アフィリエイトの代表として3つ紹介いたします。

 

①サイト(ブログ)アフィリエイト

 

通常サイトというと、素人が簡単には手が出せない

ホームページの事を指して言う場合が多いですが、

 

素人でも比較的簡単に始められるようなブログ含め

全体としてサイトと呼ぶこともあります。

 

厳密には定義があるようですが、アフィリエイトを行う上では

さほど必要ないので覚える必要はないでしょう。

 

ちなみに当サイトでは今後、ブログも含んでサイト

という呼び方をしていきますが、

混同しやすい場合は列記する事にします。

 

ところで、そのサイトアフィリエイトとは

どういうものかと言いますと

 

自分の運営するサイトで書く記事の中に、

紹介したい(売り込みたい)商品等のアフィリエイトリンクを貼り

 

それをサイト訪問者クリック(又は購入等)してもらうことで

報酬を得るお仕事の事を指して言います。

 

 

②メルマガアフィリエイト

 

これも基本的稼ぎ方サイトアフィリエイト同じですが、

ただ、訪問者待つのではなく

 

予め読者登録いただいている方へ

自分発行しているメールマガジンの中に、

 

紹介したい(売り込みたい商品等のアフィリエイトリンクを貼り

それをクリック(又は購入等)してもらうことで

報酬を得るお仕事という事になります。

 

ただし、このメールマガジン発行するに当たっては、

正式な商業扱いとなるので、

現在守るべき厳しい法律存在します

 

なお、メルマガアフィリエイトについては

メルマガアフィリエイトとはどういうものか?

 

でも解説していますので、ご参考にどうぞ。

 

 

③PPCアフィリエイト

 

PPCとは、ペイパークリック略称で、

 

グーグル等の検索サイト最上段サイド

広告主表示としてリンクバナー表示してもらい

 

それをクリックしてもらえれば、支払料金発生するものの

サイトの宣伝SEO対策不要となるので、

 

効率の良いサイト訪問者集め(集客)が出来るという

サイトアフィリエイト別バージョンのようなものです。

 

ただ、そのサイトも持たずに、自分のアフィリエイトリンクのみ

PPC広告として表示させる手法もありますが、

 

現在では規制がかかって稼ぎにくくなっているようです。

 

要するに、クリックされたら費用発生するものの、

その費用に見合った収益が発生すれば利益となるものの、

 

収益少なければ、赤字になるという

リスクを伴ったアフィリエイトとなっています。

 

アフィリエイトで儲かる仕組み

 

◇登場人物◇

 

①アフィリエイター

 

我々のことを指します。

これからアフィリエイターとして活動していきます。

 

②ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)

 

例)インフォトップA8ジャネットインフォカート

 

これらASP会社からアフィリエイトリンク発行してもらい、

そのリンクをお客様にクリック(又は購入等契約)していただく事で

報酬を得ることが出来ます。

 

③アフィリエイト商品を作っている販売会社(個人)

 

自分のもつ商品コストを抑えて宣伝したいという企業個人

(テレビ・新聞・雑誌等ではなくインターネット上で)を指します

 

④お客様

 

言わずと知れた、紹介したものなどを購入・契約していただく方、

又はリンクをクリック等していただく大事な訪問者又は読者♪です

 

◇アフィリエイターが儲かる仕組み◇

 

③の会社個人)が、商品宣伝してもらう目的で②のASPに登録

(例えば1クリック5円、商品1個売れたら500円報酬等)

 

 

①のアフィリエイターが、②のASPで見つけたその商品

サイト・メルマガ等で)紹介する

 

 

④のお客様がその商品リンククリック、又は購入

 

 

②のASPから①のアフィリエイター報酬が支払われる

と、同時に、③の会社売り上げ利益が発生し、

 

②のASPにも手数料収入が入るので

儲か素晴らしい仕組みとなっています♪

1 コメント

  1. ピンバック : アフィリエイトで稼ぐ為の大切な宝庫ASP | 50代でアフィリエイトを始める~初心者アフィリエイター養成所~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください