a77488f09278b007600d0a444d4a64c8_s

 

昨日、子供用イベントの案内チラシが入ったので

近くの住宅展示場へ行ってきました。

 

そこで1件だけ見学したい住宅があったので

お邪魔して、そこの営業マンの方から

説明を受けたわけですが、

 

名刺ももらえず

 

通常の場合ですと、このタイトルから予想するのは

さぞ気配りの行き届いた営業マンだったのだろう

となるのですが、

実はそうではなくて、反面教師だったケースの紹介です(^^;

 

まず、案内の女性の方は普通でした。

娘にもおもちゃを貸してくれて、

アンケート記入もお陰でスムーズにできました。

 

続いて営業の方が現れて早速説明開始。

が、自己紹介はしたものの、

今までどんな会社でも必ず

しかも夫婦二人(もちろん1枚だけ受けとります)に

それぞれ名刺を渡そうとしていた記憶がありますが、

たぶん初めての名刺無しの営業開始でした。

(因みに入口に置いてあった粗品も貰えませんでした)

 

空気を読もうとしない営業マン

 

説明内容は、自分なりに把握はしているようでしたが、

どうも説明の仕方が教科書じみた印象を受け、

確かに内容はキチンと伝えているのに

今一つ響かない、そんな印象を受けました。

 

どういう事かと言うと、

普通であれば、相手がどういうものを希望しているのか?

どのような不安・心配事を抱えているのか?

を探るような会話があり、

少しずつ的を絞って、理想的なものをイメージさせる

そんな流れだと思うのですが、

 

今回は、こちらがいくつか質問しても、

その回答だけで終わってしまい、というか正確には

その回答を更に専門的に詳しく述べるだけで、

こちらが何を意図してその質問をしたのか

全く考えないまま(あまり聞いても仕方がない)

説明を続けられてしまったのでした(*_*)

 

更には、子どもがクズり始めても

お構い無しで説明を続けるので、

さすがに時間がもったいないと判断、

切り上げて帰ってきてしまいました。

 

アフィリエイターに置き換える

 

そこでふと考えたのですが、

マンツーマンで営業する場合は、

会話の内容や相手の態度から

凡その空気は読めると思うのですが

 

我々アフィリエイターもある種の営業マン。

しかし、目の前に相手がいるわけでないので

空気など読めるはずもない訳ですよね。

 

でも、確実なる成果を出していくためには

空気を読むという事は大変重要な事です。

 

なので、その空気を図るの指標として

各種解析という手法が存在するわけです。

 

具体的には、

サイト(ブログ)に訪問した方の

訪問元や滞在時間等のサイトアクセス解析と

サイトやメルマガに貼ってあるリンクを

何回クリックしてもらえたのかを測定する

クリック解析というものがあります。

 

サイトアクセス解析

 

自分の運営するサイトに訪問した方が、

どこからやって来て、どのページをどの程度(時間)見て

どのリンクをクリックして去っていったのか?

等を解析する為に、総合的にグラフ化して見易くした

アクセス解析ソフトというものがあります。

 

具体的には ⬇このようなソフト⬇ です。



 

上記は有料ですが、無料のものもたくさん存在します。

例えば ⬇ここなど⬇



 

まだ記事数や訪問数が少ない場合は

必要ないかもしれませんが、

アフィリエイトを行う上では必須です!

 

何らかの形で必ず導入しましょう。

 

クリック解析

 

これはアフィリエイターにとっては、

収入に直結する事になるのでかなり重要な指標です。

 

要するに自分が貼ったアフィリエイトリンクを

何回クリックしてもらえたか、です。

(もちろんその先で登録したかまでは解りません)

 

もちろん、無料のものも多数存在します。

ある程度記事がまとまってきたら、

そういった解析をしながら

(アクセスやクリックが増えてくれば)

楽しくできると思います。

 

もちろん、サイト運営が第1なので

解析は程々にしましょうね?

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございましたm(._.)m

 

 

2 コメント

  1. 営業マンは確かに、当たり外れがありますね。

    過去に、新車を買うときに
    モデルチェンジまであと半年というA社の車と
    モデルチェンジしてまだ半年というB社の車とを
    競合させたことがありました。

    車だけ見ても、B社のほうがモデルライフが長いし
    値引きも大きかったので、B社にしました。

    A社の営業マンにそれを伝えたら
    「もったいないことしましたね」と捨て台詞

    心のなかでは
    「お前んとこの車のほうが、すぐモデルチェンジ控えてる
    ボログルマやろ~~、もったいないのはどっちじゃ~~」

    と、思いました。
    もちろん、ここの車は将来に渡って買うことはありません。

    アフィリエイトであれ、去り際はスマートに行きたいもんです。
    いつ、帰ってきてくれるかわかりませんから。

    応援ポチ完了です。

    1. シュウさん、いつもご訪問と応援・コメントをありがとうございます。
      そうですよね~今後何があるかわかりませんから、
      よほど変な人でなければ大事にしなければなりませんよね。

      オフィスFUJI kamehameha

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください